三大ED治療薬とは | 勃起不全の解消に、ED治療薬がベストです
青色の錠剤

三大ED治療薬とは

色々あるED治療薬の中でも、三大ED治療薬と呼ばれているものがあります。
それがずばり「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の3つになります。
この3つのED治療薬は業界でも特に有名なものであり、かつ新薬に分類されるものです。
そのためこの3つはそれぞれ成分が異なり、特徴にも微妙な違いがあります。

ではこれらのED治療薬の違いとは一体なんなのか?
まったくED治療薬のお世話になったことがない初心者だと、その違いについてあまり理解できないと思います。
そのためどれを選ぶのが自分にとって一番いいのかきっと悩んでしまうでしょう。
まずそれぞれのED治療薬で共通するのは、もちろん勃起不全が解消されるということ。
つまりどれを選んでも勃起不全の解消はできるので、そこまで真剣に悩む必要はありません。
ただ微妙な違いがありますので、ここで軽く教えておきましょう。

基本的にバイアグラとレビトラは即効性の高いED治療薬になります。
そのため飲んでから実際に効果を感じるまでに30分~1時間もあればOKです。
ただ第二世代であるレビトラの方が若干即効性があるといえるでしょう。
一方で第三世代であるシアリスについては、即効性がありません。
シアリスを使う際には、1時間~3時間くらいは様子を見る必要があるといえます。

しかしその分、シアリスには大きな特徴がひとつあります。
それは、他2つのED治療薬よりも圧倒的に効き目が長いということです。
つまり効果が現れ始めると、長く効き目が持続されます。
バイアグラやレビトラの場合は4時間~6時間前後といった長さになりますが、なんとシアリスの場合は24時間~36時間は持つといえます。
だから前日からスタンバイしておくといった使い方ができるようになっています。